デュアルカメラはスマートフォン市場の開発動向になり始めているようだ、Appleはそ

デュアルカメラはスマートフォン市場の開発動向になり始めているようだ、Appleはそれに応えるように思われます。しかし、iPhone 7は、デュアルカメラ5.5インチのiPhone 7プラスを持っていますし、iPhone 7の4.7インチはまだシングルカメラの設計を継続していきます。 エルメス iphone7ケース iPhone 7についてのすべての噂はここにある[新規]プローブ また、カメラモジュールアセンブリiPhone 7写真の露出は、写真と、iPhone 7カメラはフレキシブルケーブルを使用し、iPhone 6Sと6Sプラス有意に異なると、この。だから、iPhone 7は、標準的な光学画像安定化システムへの可能性があります。 アイフォン7シャネル 前iPhone 6S後プラスは、光学防振機能を備えており、この機能は、動きボケの問題を低減し、低照度環境と動的ターゲットより良い画像結果を提供することができます。しかし、このモジュールは、動き補償機構のためのスペースを提供したことがない、より大きな容量が必要です。 7Plusケースシャネル ビューの写真観点から、iPhone 7は、光安定化システム、およびiPhone 7が増加しますプラスしても、デュアルカメラとそこに装備することができるが、不明である何のために実際に担当する第二の金のカメラは、両方の望遠を提供することができる、などがあるかもしれません画像強調を使用しています。 仮想ホームボタン iPhone 7についてのすべての噂はここにある[新規]プローブ 外観はあまり変わっていないが、実際の物理が押されることはありません、すべてがタッチセンシティブな方法で運営されますが、iPhoneのホーム7は、ガラスパネルの下に表示されなくなります。 シャネルiphone8ケースまた、このような仮想ホームボタンを使用する場合は、[ホーム]キー上の3Dタッチ機能を実現する可能性があり、その後、iPhoneの動作モード7は、さらに多くのことを豊かにします。 セラミック材料のボディ iPhone 7についてのすべての噂はここにある[新規]プローブ iPhone 5から始めて、AppleiPhone本体に技術を使用し、そうすることは良い質感に見えますが、時にはアンテナ設計のバックは、いくつかの不一致の要因になりますが。 グッチiPhone7ケース Appleはこれだけではなく、より軽量化、耐久性とより薄く、iPhone 7にセラミック体を使用するだけでなく、十分な審美的な欠点とアンテナの背面を解決するというニュース。 より高速な充電、ワイヤレス充電 iPhone 7についてのすべての噂はここにある[新規]プローブ 胴体におけるセラミック材料の変更以来、AppleiPhone 7は雷航空無線充電モジュールは、ワイヤレス充電機能に接続された電話機の背面との接触の助けを借りて、ワイヤレス充電機能を追加します。 アイフォン7シャネル言い換えれば、ユーザーはワイヤレス充電機能を使用したい場合は、しかし、ワイヤレス充電を可能にする、また、公式サイトにモジュールを充電する「エア・ライトニング」無線と呼ばれる購入すること、その後、電話のメタルポイントの背面に接続されています。 充電速度外に無線充電をサポートすることに加えて、iPhone 7も大幅に向上しているであろう。 グッチiphone7ケース結局のところ、多くのAndroidスマートフォンが急速充電技術のサポートを持っている、Appleがフォローアップしていない、あまりにも説得力のあるようです。 iPhone 7についてのすべての噂はここにある[新規]プローブ 造影剤は、サポートするiPhone 6S図iPhone 7及び電源管理チップを露出し、少なくとも5V、2Aの充電電力、及び以前のモデルが大幅に向上しているに比べて述べています。 アイフォン7シャネルこのように、7のiPhone充電速度もはるかに高速になります。 試験によると、使用時に速度を充電iPhone 6及び6Sは著しく充電量の90%に計算された充電器を2時間加速されます。しかし、この時間ならば噂がiPhone 7ユーザーがこの戦略を使用する必要がないことが、真です。 ボディサイズ iPhone 7についてのすべての噂はここにある[新規]プローブ iPhone 6S Plusユーザーおよび16GBの、唯一のスペースは確かに非常に苦痛を気にするために、iPhone 7のための良いニュースは、おそらく32ギガバイトの容量から開始します。 人気iPhone7ケース 今年のiPhone 7で、Appleは32ギガバイトから直接起動しますが、購入のためiPhone7 Standard Editionのユーザーは間違いなく大きなプラスになることはありませなり収納コンビネーション32ギガバイト/ 128ギガバイト/ 256ギガバイトを提供し、64ギガバイトのバージョンをキャンセルしました。

iPhone 6リリースタイムが長くありませんが、いわゆるiPhone 7噂について

iPhone 6リリースタイムが長くありませんが、いわゆるiPhone 7噂について、ネットワーク上で循環されています。最近、外国のウェブサイトによるとiPhone7updateは、タッチスクリーンのサイズを装備した次のiPhone 7周防は、現在のiPhone 6プラスよりも大きくなると、最新のサファイア画面を使用するというニュースを開示しました。 シャネルiphone8ケースその液化した金属体を除く高硬度外の欠陥を解決するために容易に屈曲され、iPhone 7 256ギガバイト容量バージョンも加え、射影関数提供します。 構築された液体金属本体とプロジェクターのパスiPhone 7 蘭Baoshiスクリーン付き 外国のウェブサイトによると、情報の開示をiPhone7update、iPhone 7は、現在のiPhoneのタッチスクリーン6つのプラスよりも装備され、最新のサファイア画面を使用します、と述べました。 7Plusケースシャネル条件を曲げながら、本体を低減するために、機械は、靭性の十分な程度を確保するために、より高い又は液化金属の硬度を使用することができます。また、iPhoneのタッチID指紋認識7の噂がデザインを埋め込まれます、そして古典的なホームキーがキャンセルされます。 アイフォン7シャネル ただし、ソースはまた、次の世代のiPhoneは2打ち上げを持つことになりますが、サイズでタッチスクリーンのサイズに4.7インチと5.5インチのままであることを主張していた、アップグレードする蘭Baoshi画面やカメラの仕様に参加することが期待されます。 iPhone 7は、Homeキーをキャンセルしない場合はもちろん、それはオリジナルのボディサイズを維持するために、タッチスクリーンのサイズを大きくした場合には可能であるが、この可能性の確率は、次世代モデルに表示されてもよく、それは高くありません。 7Plusケースシャネル 投影関数を増加させます 現在iPhone 7機能のアップグレードと比較して、リアカメラ14万個の画素にアップグレードされるように、iPhone7update文によれば、Appleは、256ギガバイトの記憶容量、およびクワッドコアA8プロセッサ負荷の大きいバージョンを導入することができます。この次世代iPhoneは伝え、壁に直接映像を投影する類似したサムスンのGALAXYビーム機能にミニプロジェクターに入社することを言及する価値があります。 シャネルiphone8ケース これらの新機能をもたらすために、エネルギー問題を解決するために、Appleはまた、大幅にバッテリーの寿命を向上させるために、新しいバッテリ技術を使用していると言われています。 7を公開、いわゆるiPhoneについては、現在の噂は、販売価格が現在のiPhone 6プラスよりも高くなる一方で、来年第3四半期に発売されます。 携帯iphone7ケース または概念設計のための しかし、上記の文は、iPhone愛好家が希望リストを配り、そしてカメラ、いわゆるランBaoshi画面、液体金属ボディと高画素構成、前回の概念ではよく知られているデザイナーのマーティン・ハジェック iPhone 7コンセプトデザインを導入し、よりように思えますまた、それは、これまでのニュースを破った実質的なものとは浮上しています。 進化の以前のiPhone古代のパスと供給不足でiPhone 6の現在の状態から、同時に、次のiPhone 7でも、ほかのAppleからまだ長い時間を次の世代のiPhoneをリリース、機能がより過激なアップグレードすべきではないと予想されます最終的にはiPhone 6SまたはiPhone 7は、それが不明な名前を付けることになります。 7Plusケースシャネルそのため、チェーンの前に壊れ、関連するニュースチャンネルがアクティブにされていない、iPhone 7についての話、今時期尚早かもしれない、変更の種類をもたらすでしょう。